こうじょうせんろほうがん
甲状腺濾胞がん
甲状腺がんの一種で甲状腺乳頭がんの次に多いタイプ。悪性度は低いことが多い。
4人の医師がチェック 56回の改訂 最終更新: 2017.11.26

甲状腺濾胞がんの基礎知識

POINT 甲状腺濾胞がんとは

甲状腺がんの5-7%を占めます。症状は甲状腺のしこりが最も多く、進行すると声帯を動かす神経が麻痺して声がれがでたり、飲み込みにくさなどの症状がでます。診断は甲状腺超音波検査を行います。良性の濾胞腺腫と悪性の濾胞がんの区別は術前には難しく、超音波検査での見た目や、腫瘍の大きさなどで手術を決定します。手術後の診断が濾胞がんであった場合、追加で甲状腺を全摘し、放射線のついたヨードを内服する治療を行うことがあります。がんの進行は遅いですが、骨や肺の転移を起こすことがあります。手術後の10年生存率は70〜80%と良好です。甲状腺のしこりの原因は様々であり、まずは一般内科の受診で構いません。手術などの治療は耳鼻咽喉科や甲状腺外科で行います。

甲状腺濾胞がんについて

甲状腺濾胞がんの症状

  • がんの早期は無症状であることが多い
    • 健康診断などで偶然見つかることもある
  • がんが大きくなると、甲状腺のしこりとして触れる
    • 首のリンパ節転移すると、首にしこりを触れることがある
  • がんが進行すると声がれや、飲み込みづらさが出ることがある
    • 声帯を動かす神経が麻痺して声がれが起こる
    • 声帯が麻痺すると、むせやすくなり、飲み込みにくさが出る
  • 進行は遅いが、骨や肺に転移する場合もある

甲状腺濾胞がんの検査・診断

  • 頸部超音波検査エコー検査)
  • 喉頭ファイバースコープ検査
    • 声がれがある場合には、声帯の麻痺がないかを調べる
    • 鼻から細くて柔らかいカメラを入れて、のどの奥を観察する
  • 血液検査
    • 甲状腺機能検査など
  • 病理検査
    • 甲状腺がんでは術前に細胞診(さいぼうしん)を行うことが多い
    • がんを疑うしこりに針を刺して細胞を取り、悪性の細胞がないかを顕微鏡で調べる
    • 細胞診のみでは、良性腫瘍である甲状腺の濾胞腺腫との区別は難しい
    • 最終的な診断は、手術で切り取った腫瘍を、顕微鏡でよく調べてがんかどうか判定する
  • 頸部CT検査
  • PET-CT検査
    • 全身に転移がないかどうかを調べる

甲状腺濾胞がんの治療法

  • 手術で腫瘍を切除するのが治療の原則
    • 手術前に濾胞がんの診断をつけることは難しい
    • 手術で摘出した腫瘍を顕微鏡で検査し、濾胞がんの確定診断と判定されることが多い
  • 手術後に濾胞がんの診断がついた場合、追加で手術を行なうことがある
    • 手術後の顕微鏡の検査で、悪性度が高い濾胞がんと診断された場合に行う
    • 甲状腺を全て取り切る手術を行う
  • 進行の程度で甲状腺全摘術後に追加治療を行う
    • TSH抑制療法
      甲状腺がんを成長させるTSHというホルモンの分泌を抑制する治療
      甲状腺ホルモンを多めに内服して、TSHを低い値に保つ
    • 放射性ヨード内用療法
      ・アブレーションとも呼ばれる
      ・放射線のついたヨードを内服して、手術後に残存した目に見えない大きさの甲状腺組織を取り除く治療 
    • 分子標的薬
      抗がん剤のひとつ
      ・再発甲状腺がんで、放射性ヨード内用療法の効果がなくなった場合に使用する
  • 手術後に甲状腺ホルモン、カルシウムを維持する飲み薬を必要とすることがある
    • 甲状腺を全て摘出した場合は、甲状腺ホルモンを一生内服する
    • 甲状腺の裏にある副甲状腺を一緒に摘出した場合には、カルシウムなどの飲み薬が必要
      ビタミンD製剤:通常ビタミンD製剤のみの内服で、カルシウムの維持が可能
      ・カルシウム製剤:ビタミンD製剤のみでカルシウムを維持できない場合に内服す
  • 骨や肝臓に転移することがある
  • 悪性度は高くないことが多く、10年生存率はおよそ90%程度と言われる

甲状腺濾胞がんが含まれる病気

甲状腺濾胞がんのタグ

診療科
からだ

甲状腺濾胞がんに関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する