だっこう
脱肛
肛門や直腸の粘膜が、肛門からはみ出てしまう病気
4人の医師がチェック 105回の改訂 最終更新: 2020.02.28

脱肛

肛門の近くにできた痔核(いぼ痔)が肛門の外にはみ出した状態のことを脱肛と呼びます。いきんだときなどに痔核が脱出し、症状が進むと痔核を肛門の中に戻すのが難しくなります。生活習慣の見直しが治療の中心になりますが、痛みや出血などの症状がある場合には薬物治療や外科手術が行われることがあります。脱肛の診察や治療は消化器内科や消化器外科、肛門科などで行われます。

脱肛とはどんな病気なのか?

肛門の近くにできた痔核(いぼ痔)が肛門の外にはみ出した状態のことを脱肛と呼びます。いきんだときなどに痔核が脱出し、症状が進むと痔核を肛門の中に戻すのが難しくなります。生活習慣の見直しが治療の中心になりますが、痛みや出血などの症状がある場合には薬物治療や外科手術が行われることがあります。脱肛の診察や治療は消化器内科や消化器外科、肛門科などで行われます。

脱肛で起こりやすい症状について

初期の脱肛では自覚症状が起こることはまれです。脱出した痔核は自然に元に戻るか、手で押して肛門の中に戻すことができます。脱肛の程度が悪化するにつれて痔核は肛門の中に戻らなくなり、刺激が強くなって不快感や痛み、出血などの症状が起こります。

脱肛の検査について

脱肛の検査では問診、身体診察、肛門鏡検査などを行います。特に身体診察と肛門鏡検査は痔核や脱肛の状態を正確に判断するために重要な検査です。脱肛の診察や検査は消化器内科や消化器外科、肛門科などで行われます。

脱肛の治療について

脱肛は痔核が肛門の外に飛び出した病気ですので、脱肛の治療は痔核の治療でもあります。まずはじめに生活習慣や排便習慣の見直しを行い、それでも痛みや出血などの症状が良くならない場合には薬物治療を行います。薬物治療でも十分に改善しない人には外科的治療が必要になります。脱肛の治療は消化器内科や消化器外科、肛門科などで行われます。

脱肛で知っておくと良いこと

脱肛かもしれない、と思っても医療機関に行くのがためらわれたり、誰にも相談できず一人でなんとかしようと思う人は少なくありません。このページでは、脱肛が心配な人が抱きがちな疑問点について解説しています。