にゅうじびたみんけーけつぼうせいしゅっけつしょう
乳児ビタミンK欠乏性出血症
産まれてまもない新生児や乳幼児のビタミンKが欠乏して、出血しやすくなる病気
7人の医師がチェック 99回の改訂 最終更新: 2017.06.15

Beta 乳児ビタミンK欠乏性出血症についての医師コメント

現在日本では3回投与を行うのが一般的になっています。ただし、母乳栄養の場合は生後1か月以降にもビタミンKが不足することがあるため、そのようなことを心配して生後3か月頃まで週に1回のビタミンK投与を行うこともあります。


匿名協力医師
病気や薬の豆知識
2015.10.17

MEDLEYニュース新着記事