ぼはんしょう
母斑症(総論)
身体のさまざまな場所に生じるあざとともに、全身(脳や眼、骨、心臓、腎臓など)に生まれつき異常を伴うような先天性の病気の総称
5人の医師がチェック 151回の改訂 最終更新: 2018.11.16

母斑症(総論)の基礎知識

POINT 母斑症(総論)とは

身体のさまざまな場所に生じる「あざ」とともに、全身(脳や眼、骨、心臓、腎臓)に生まれつき異常をともなう病気の総称です。太田母斑や結節性硬化症、神経線維腺腫1型などが主な母斑症です。病気の種類によって治療法が異なるので、母斑症が疑われる人は、どの病気かをさらに詳しく調べる必要があります。母斑性が疑われる人は皮膚科で詳しく調べられます。

母斑症(総論)について

母斑症(総論)が含まれる病気

母斑症(総論)のタグ

診療科
からだ

母斑症(総論)に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する