のうのうよう
脳膿瘍
頭の中に細菌などの感染がおこり、膿が溜まる病気
12人の医師がチェック 129回の改訂 最終更新: 2017.12.06

脳膿瘍の治療薬情報

- 膿瘍の治療には点滴薬を用いることが望ましい - 可能な限り貯留している膿を体外に排出する処置(開頭ドレナージ)を行う

使用が推奨される治療薬の例

通常の細菌感染を考える場合

    セフェピム + メトロニダゾール

    セフェピム(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 2000mg/3回
    50≧CCR≧10 2000mg/2回
    10>CCR 2000mg/1回

    実際の商品例を調べる

    メトロニダゾール(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 500mg/4回
    50≧CCR≧10 500mg/4回
    10>CCR 500mg/4回

    実際の商品例を調べる

    ベンジルペニシリン + メトロニダゾール

    ベンジルペニシリン(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 400万単位/6回
    50≧CCR≧10 300万単位/6回
    10>CCR 200万単位/6回

    実際の商品例を調べる

    メトロニダゾール(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 500mg/4回
    50≧CCR≧10 500mg/4回
    10>CCR 500mg/4回

    実際の商品例を調べる

    メロペネム

    メロペネム(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 2000mg/3回
    50≧CCR≧10 2000mg/2回
    10>CCR 2000mg/1回

    実際の商品例を調べる

MRSAの関与を考える場合

    メロペネム + バンコマイシン

    メロペネム(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 2000mg/3回
    50≧CCR≧10 2000mg/2回
    10>CCR 2000mg/1回

    実際の商品例を調べる

    バンコマイシン(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 1000mg/2回
    50≧CCR≧10 1000mg/1回
    10>CCR 1000mg/4-7日に1回

    実際の商品例を調べる

真菌の関与を疑う場合

    L-アムホテリシンB

    L-アムホテリシンB(点滴)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 3-5mg/kg/1回
    50≧CCR≧10 3-5mg/kg/1回
    10>CCR 3-5mg/kg/1回

    実際の商品例を調べる

    ボリコナゾール

    ボリコナゾール(点滴or内服)

    投薬期間の目安

    4-6週間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 2回体重1kgあたり6mg投与して3回目の投与からは1kgあたり4mg/2回
    50≧CCR≧10 2回体重1kgあたり6mg投与して3回目の投与からは1kgあたり4mg(点滴は避ける)/2回
    10>CCR 2回体重1kgあたり6mg投与して3回目の投与からは1kgあたり4mg(点滴は避ける)/2回

    実際の商品例を調べる

ノカルジアの関与を疑う場合