医師たちがつくる病気事典メドレー

胃がんになると、未婚の人のほうが死亡率が高い?
16,910人のデータから

from Oncotarget


胃がんになると、未婚の人のほうが死亡率が高い?の写真

写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Photographee.eu - Fotolia.com


結婚しているかどうかは、妊娠・出産はもちろん、生活習慣や環境の違いを通じて、さまざまな病気と関係します。胃がんを診断された人の間で、未婚・既婚による違いがデータの解析により検討されました。

◆結婚で胃がんの結果に違いはあるか?

この研究は、アメリカの大規模ながん研究のデータベースを参照して、胃がんと診断された16,910人のデータを解析する方法で行われました。

既婚の人(58%)と未婚の人(42%)を比較して、生存率などに違いがあるかが検討されました。

 

◆既婚の人のほうが生存率が高い

次の結果が得られました。

既婚の患者は、未婚の患者に比べて5年全生存率がより良好であり(32.09% VS 24.61%、P<0.001)、5年がん死因生存率も良好だった(37.74% VS 32.79%、P<0.001)。

胃がんが見つかった対象者のうちで、死因が胃がんかどうかを問わず、全体としての生存率を比較すると、既婚の人では5年生存率が32%、未婚の人では25%と、既婚のほうが生存率が高くなっていました

この理由についても検討され、次の結果が得られました。

第一に、既婚の患者が診断時により早期にあったということはなかった(P=0.159)。第二に、既婚の患者は未婚の患者に比べて手術を受けることが多く(P<0.001)、放射線治療を受けることも多かった(P<0.001)。第三に、サブグループ解析において、ステージIIからIVで放射線治療が行われなかったサブグループにおいても、既婚の患者は依然生存率で勝っていた。

既婚の人のほうが胃がんを早期発見されていたというデータは見られませんでした。既婚の人のほうが手術を受けること、放射線治療を受けることが多くなっていました。

これらの結果から、研究班は「未婚の患者において、治療が不足していることと、社会的サポートが欠けていることが、このことを説明できる可能性がある」と推定しています。

 

アメリカの社会に、もし未婚の人が治療を受けにくい状況があるなら、未婚の人の生存のために改善が求められます。何がこの統計的関連のもとになっていたのか、日本にも当てはまる要素があるのかどうか、いろいろな点が気になる結果です。

◆参照文献

The influence of marital status on the stage at diagnosis, treatment, and survival of adult patients with gastric cancer: a population-based study.

Oncotarget. 2016 Feb 15. [Epub ahead of print]

[PMID: 26894860 ]

関連記事

 (C) Von Schonertagen - Fotolia.com
女性の胃がんの多さには、食事のフラボノールが関係していた?
602シェア  [Nutrients]
 (C) WavebreakMediaMicro - Fotolia.com
離婚すると心筋梗塞が増える?
633シェア  [Circ Cardiovasc Qual Outcomes]

こちらの記事もおすすめ

 (C) royaltystockphoto - Fotolia.com
ピロリ菌の除菌で逆流性食道炎に?胃がん予防はトレードオフなのか
2033シェア  [Front Microbiol]
 (C) Miriam Dörr - Fotolia.com
抗がん剤の副作用を抑える軟膏、手足症候群の予防に効果は?
547シェア  [J. Clin. Oncol.]
 (C) lom123 - Fotolia.com
内視鏡生検で萎縮性胃炎があった人の50人に1人で20年以内に胃がんが発症する
1078シェア  [BMJ]
 (C) Halfpoint - Fotolia.com
毎週2.5時間の運動でがん死亡率減少
2021シェア  [Br J Sports Med]
 (C) Frédéric Prochasson - Fotolia.com
ビタミンがタバコの発がん性に対抗する?
1093シェア  [Am. J. Clin. Nutr.]

*本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。 [執筆者一覧]



version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.