2016.03.30 | ニュース

胃がんになると、未婚の人のほうが死亡率が高い?

16,910人のデータから

from Oncotarget

胃がんになると、未婚の人のほうが死亡率が高い?の写真

結婚しているかどうかは、妊娠・出産はもちろん、生活習慣や環境の違いを通じて、さまざまな病気と関係します。胃がんを診断された人の間で、未婚・既婚による違いがデータの解析により検討されました。

◆結婚で胃がんの結果に違いはあるか?

この研究は、アメリカの大規模ながん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある研究のデータベースを参照して、胃がんと診断された16,910人のデータを解析する方法で行われました。

既婚の人(58%)と未婚の人(42%)を比較して、生存率などに違いがあるかが検討されました。

 

◆既婚の人のほうが生存率が高い

次の結果が得られました。

既婚の患者は、未婚の患者に比べて5年全生存率がより良好であり(32.09% VS 24.61%、P<0.001)、5年がん死因生存率も良好だった(37.74% VS 32.79%、P<0.001)。

胃がんが見つかった対象者のうちで、死因が胃がんかどうかを問わず、全体としての生存率を比較すると、既婚の人では5年生存率診断、治療開始から5年経過後に生存している患者の割合。命に関わるがんなどの病気で用いられることが多い数値が32%、未婚の人では25%と、既婚のほうが生存率が高くなっていました

この理由についても検討され、次の結果が得られました。

第一に、既婚の患者が診断時により早期にあったということはなかった(P=0.159)。第二に、既婚の患者は未婚の患者に比べて手術を受けることが多く(P<0.001)、放射線治療主にがんに対して用いられる、放射線を用いた治療法を受けることも多かった(P<0.001)。第三に、サブグループ解析において、ステージがんの進行の程度を示す言葉。がんの大きさや広がり、リンパ節転移の有無、他の臓器への転移の有無などで決定され、治療方法に影響するIIからIVで放射線治療が行われなかったサブグループにおいても、既婚の患者は依然生存率で勝っていた。

既婚の人のほうが胃がんを早期発見されていたというデータは見られませんでした。既婚の人のほうが手術を受けること、放射線治療を受けることが多くなっていました。

これらの結果から、研究班は「未婚の患者において、治療が不足していることと、社会的サポートが欠けていることが、このことを説明できる可能性がある」と推定しています。

 

アメリカの社会に、もし未婚の人が治療を受けにくい状況があるなら、未婚の人の生存のために改善が求められます。何がこの統計的関連のもとになっていたのか、日本にも当てはまる要素があるのかどうか、いろいろな点が気になる結果です。

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

The influence of marital status on the stage at diagnosis, treatment, and survival of adult patients with gastric cancer: a population-based study.

Oncotarget. 2016 Feb 15. [Epub ahead of print]

[PMID: 26894860]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。 [執筆者一覧]