2016.03.25 | ニュース

メタボの人は認知症の一歩手前の状態、軽度認知障害になりやすい?

55歳以上で、正常な認知機能を持った1,519人を対象に検証
from JAMA neurology
メタボの人は認知症の一歩手前の状態、軽度認知障害になりやすい?の写真
(C) vege - Fotolia.com

軽度認知障害は物忘れなどの症状は見られるが、認知症と診断される基準を満たしてない状態です。この状態は認知症へ進行しやすいです。メタボリックシンドロームの人に軽度認知障害と関係があるか調べられました。

◆メタボの人は認知障害を発症しやすい?

メタボリックシンドローム肥満に加えて糖尿病、高血圧、脂質異常症にも近づいている状態です。

今回の研究は、55歳以上のシンガポール人で、正常な認知機能を持った1,519人が対象とされました。対象者は、2003年9月から2009年12月の期間で調査されました。調査された期間で、軽度認知障害発症したか、そして、その後、認知症へ進行したかなどが調べられました。

 

◆メタボは軽度の認知障害発症増加、そして、認知症への進行と関連

次の結果が得られました。

軽度認知障害発症のリスク増加と関連していたベースラインの特性は、メタボリックシンドローム(ハザード比、1.46; 95% 信頼区間、1.02-2.09)、中心性肥満(ハザード比、1.41; 95% 信頼区間、1.01-1.98)、糖尿病(ハザード比、2.83; 95% 信頼区間、1.92-4.19)、脂質異常症(ハザード比、1.48; 95% 信頼区間、1.01-2.15)、そして、3つ以上の心疾患危険因子(ハザード比、1.58; 95% 信頼区間、1.13-2.33)だった。軽度認知障害認知症へと進行するリスクの増加と関連していたベースラインの特性はメタボリックシンドローム(ハザード比、 4.25; 95% 信頼区間, 1.29-14.00)[...]だった。

開始時にメタボリックシンドロームを持っている人は、軽度認知障害の発症、そして、認知症への進行が多かったという結果が報告されました。

 

メタボリックシンドローム脳梗塞などのリスクになる可能性があるため、食習慣や運動習慣に気をつける必要があります。このようなことに注意することで、認知機能への影響も減らせるかもしれません。

執筆者

宮本 望都喜

参考文献

Metabolic Syndrome and the Risk of Mild Cognitive Impairment and Progression to Dementia: Follow-up of the Singapore Longitudinal Ageing Study Cohort.

JAMA Neurol. 2016 Feb 29. [Epub ahead of print]

[PMID: 26926205]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事