2016.01.12 | ニュース

腰痛症から仕事に復帰することに、職種が関係している?

217人を分析
from Journal of occupational medicine and toxicology (London, England)
腰痛症から仕事に復帰することに、職種が関係している? の写真
(C) utoimage - Fotolia.com

腰痛症は、重症化すると仕事を休まなければならないほど、日常生活に影響する病気です。今回の研究では、腰痛持ちの医療従事者と非医療従事者を対象に、仕事への復帰に関連する要因を検証しました。

◆医療従事者を2年間追跡調査

今回の研究では、リハビリテーションと職業介入を行っていて、腰痛症を持つ医療従事者99人と非医療従事者118人の合わせて217人を対象に、仕事への復帰に関連する要因を検証しました。

 

◆医療従事者は仕事復帰しやすい?

以下の結果が得られました。

ベースラインにおいて医療従事者(オッズ比0.1、95%信頼区間0.03-0.34)であること、病気により休んだ日数が112日未満(オッズ比1.00、95%信頼区間0.93-1.00)、指床間距離が小さい(オッズ比0.96、95%信頼区間0.93-0.99)、不安/うつ症状スコアが低い(オッズ比0.97、95%信頼区間0.95-1.00)、日常生活(オッズ比0.96、95%信頼区間0.93-1.00)、生活の質(オッズ比0.98、95%信頼区間0.95-1.00)への慢性腰痛の影響が低いことと、2年間の追跡期間における仕事復帰が有意に関連していた。

医療従事者は、腰痛があっても2年後も仕事を続けられている場合が多いという結果でした。

 

医療従事者であることと、腰痛症があって仕事を続けることになぜ関連があるかは不明です。腰痛は、仕事の効率性を下げる可能性がある病気です。このような研究を参考にしつつ、生活習慣の改善などに配慮していくことが大事です。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Chronic low back pain among French healthcare workers and prognostic factors of return to work (RTW): a non-randomized controlled trial.

J Occup Med Toxicol. 2015 Oct 29.

[PMID: 26516339]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事