2015.12.14 | ニュース

朝ごはんを工夫すると筋肉質になる!?

高齢者60人を分析
from The Journal of nutrition
朝ごはんを工夫すると筋肉質になる!? の写真
(C) Syda Productions - Fotolia.com

加齢により筋肉量が減少し、転倒に結びつくことが言われています。今回の研究では、生活習慣を少し変えることで、筋肉量を改善する可能性を報告しました。

◆朝ごはんにタンパク質、筋肉量に効果があるか?

今回の研究では、高齢者60人を対象に、朝ごはんと昼ごはんに通常の食事に加えて、 牛乳のタンパク質を主に含むプロテインを飲む群と、エネルギー量が同じ飲み物を飲む群に分け、効果を検証しました。

 

◆プロテインを飲むと筋肉量が増える!?

以下の結果が得られました。

[...]、除脂肪組織量は、プロテイン群で0.45増え(95%信頼区間0.06-0.83)、対照群で0.16減った(95%信頼区間-0.49-0.17)(p=0.006)。

プロテインを飲んだ群では、脂肪を除く筋肉や骨などの組織量がより増えたという結果でした。

 

高齢者では運動能力が低下するひとつの要因として、筋肉量が低下することが言われています。その予防のために、このような結果を参考にすることは良いかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Protein Supplementation at Breakfast and Lunch for 24 Weeks beyond Habitual Intakes Increases Whole-Body Lean Tissue Mass in Healthy Older Adults.

J Nutr. 2015 Nov 18

[PMID: 26581685]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。