2015.09.14 | ニュース

大腸のカルチノイドの治療に内視鏡手術は有効か?

239件の治療例から
from Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association
大腸のカルチノイドの治療に内視鏡手術は有効か?の写真
(C) nobasuke - Fotolia.com

カルチノイドは腫瘍の一種で、胃や腸などにできることが多く、治療として切除手術のほか、内視鏡を使って取り除くESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)も行われます。中国の研究で、大腸のカルチノイドに対するESDの効果が検討されました。

◆20mm未満の大腸カルチノイドでESDを受けた人の集計

研究班は、大きさ20mm未満の大腸カルチノイドに対してESDを受けた239人の患者を対象として、診療データをもとに、治療後対象者ごとに25か月から94か月まで追跡した経過をまとめました。

 

◆合併症3%、転移3%

次の結果が得られました。

一塊切除は239件のすべての病変について達成され、うち216件の病変(90.38%)で腫瘍組織が完全に取り除かれた。8人の患者にESD関連合併症が起こった(3.35%)。

フォローアップ期間中、すべての患者が局所再発なしのままだった。しかし、6人の患者(2.51%)において遠隔転移が検出され、リンパ管浸潤が転移リスク因子だった。

90%以上の人で、カルチノイドの組織を完全に取り除くことに成功しました。治療が原因で起こった有害な出来事は対象者の3.35%にあり、追跡期間中に切除した場所からカルチノイドが再発した人はいませんでしたが、2.51%の人でほかの臓器に転移が現れました。

 

ほかの治療と比べてESDがどんな場合に適切かについては、カルチノイドの大きさによるなどの議論がありますが、この結果もひとつの材料になるかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Efficacy and Safety of Endoscopic Submucosal Dissection for Colorectal Carcinoids.

Clin Gastroenterol Hepatol. 2015 Aug 6 [Epub ahead of print]

[PMID: 26256463]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事