リックル配合顆粒 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
リックル配合顆粒
後発

リックル配合顆粒の基本情報

リックル配合顆粒の概要

商品名 リックル配合顆粒
一般名 イソロイシン・ロイシン・バリン4.74g顆粒
薬価・規格 63.0円 (4.74g1包)
薬の形状
内用薬 > 散剤 > 顆粒
内用薬 > 散剤 > 顆粒のアイコン
製造会社 沢井製薬
YJコード 3253003D1124
レセプト電算コード 621533701
識別コード SW-9504.74g
添付文書PDFファイル

リックル配合顆粒の主な効果と作用

  • 肝硬変における低アルブミン血症を改善するお薬です。
  • 肝臓の機能が十分でない時に不足するアミノ酸を補給します。

リックル配合顆粒の用途

  • 非代償性肝硬変の低アルブミン血症の改善

リックル配合顆粒の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

腹部膨満感、嘔気、下痢、便秘、腹部不快感、腹痛、嘔吐、食欲不振、胸やけ、口渇、おくび

上記以外の副作用

BUN上昇、血中クレアチニン上昇、血中アンモニア値上昇、AST上昇、ALT上昇、T-Bil上昇、発疹、皮膚そう痒、倦怠感、浮腫、顔浮腫、下肢浮腫、発赤、ほてり

リックル配合顆粒の用法・用量

  • 1回1包(4.74g)を1日3回食後経口投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

リックル配合顆粒の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

リックル配合顆粒と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

リックル配合顆粒に関係する解説

肝不全用アミノ酸製剤

  • リックル配合顆粒は、肝不全用アミノ酸製剤に分類される。
  • 肝不全用アミノ酸製剤とは、体内にBCAAなどのアミノ酸を補充しアミノ酸バランスを整えることで、肝性脳症の症状や肝障害における低栄養状態などを改善する薬。

肝不全用アミノ酸製剤の代表的な商品名

  • リーバクト
  • アミノレバン
  • ヘパンED
肝不全用アミノ酸製剤についての詳しい解説を見る