ボンアルファ軟膏2μg/g - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ボンアルファ軟膏2μg/g
先発

ボンアルファ軟膏2μg/gの基本情報

ボンアルファ軟膏2μg/gの概要

商品名 ボンアルファ軟膏2μg/g
一般名 タカルシトール水和物軟膏
薬価・規格 79.7円 (0.0002%1g)
薬の形状
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 軟膏・硬膏
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 軟膏・硬膏のアイコン
製造会社 帝人ファーマ
ブランド ボンアルファ軟膏2μg/g 他
YJコード 2691700M1053
レセプト電算コード 620002324
添付文書PDFファイル

ボンアルファ軟膏2μg/gの主な効果と作用

  • かさぶた、赤み、発疹などの乾癬の症状を改善するお薬です。
  • 表皮の角化細胞が増殖するのをおさえ、正常な皮膚に戻していく働きがあります。

ボンアルファ軟膏2μg/gの用途

ボンアルファ軟膏2μg/gの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

頭痛、皮膚ヒリヒリ感、発赤、接触皮膚炎、皮膚そう痒、皮膚刺激感、AST上昇、ALT上昇、LDH上昇、ALP上昇、白血球増多

上記以外の副作用

血清リン低下、尿たん白陽性、皮膚腫脹

ボンアルファ軟膏2μg/gの用法・用量

  • 通常1日2回適量を患部に塗布する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ボンアルファ軟膏2μg/gの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)

ボンアルファ軟膏2μg/gの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
ビタミンD 血清カルシウム値が上昇
ビタミンD誘導体製剤 血清カルシウム値が上昇
アルファカルシドール 血清カルシウム値が上昇
カルシトリオール 血清カルシウム値が上昇
カルシポトリオール 血清カルシウム値が上昇
マキサカルシトール 血清カルシウム値が上昇

飲食物との組み合わせ注意

  • ビタミンDを含むもの<きくらげ、あんこう、しらす干し、いわし、にしん など>

ボンアルファ軟膏2μg/gと主成分が同じ薬

  • 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 軟膏・硬膏のアイコン
    薬価 79.7円 (0.0002%1g)
    薬の形状 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 軟膏・硬膏
    製造会社 帝人ファーマ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る

ボンアルファ軟膏2μg/gに関係する解説

活性型ビタミンD3製剤(外用塗布薬)

  • ボンアルファ軟膏2μg/gは、活性型ビタミンD3製剤(外用塗布薬)に分類される。
  • 活性型ビタミンD3製剤(外用塗布薬)とは、乾癬の症状が出ている皮膚の細胞増殖を抑え、皮膚の赤みや盛りあがり、かさぶたが剥がれ落ちるなどの症状を和らげる薬。

活性型ビタミンD3製剤(外用塗布薬)の代表的な商品名

  • ボンアルファ
  • ドボネックス
  • オキサロール
活性型ビタミンD3製剤(外用塗布薬)についての詳しい解説を見る