処方薬
レバミピド錠100mg「DSEP」
後発

レバミピド錠100mg「DSEP」の基本情報

レバミピド錠100mg「DSEP」の概要

商品名 レバミピド錠100mg「DSEP」
一般名 レバミピド100mg錠
薬価・規格 10.1円 (100mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 第一三共エスファ
YJコード 2329021F1323
レセプト電算コード 622454101
識別コード レバミピドDSEP
添付文書PDFファイル

レバミピド錠100mg「DSEP」の主な効果と作用

  • 胃の粘膜を保護し、潰瘍部分の修復を促す働きや、胃の血液の流れをよくする働きがあります。
  • 胃炎や胃潰瘍を治療するお薬です。

レバミピド錠100mg「DSEP」の用途

レバミピド錠100mg「DSEP」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

便秘、腹部膨満感、下痢、味覚異常、発疹、蕁麻疹、しびれ、めまい、眠気、口渇、嘔吐

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、白血球減少、血小板減少、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇

上記以外の副作用

トランスアミナーゼが著しく上昇、発熱、顆粒球減少、乳腺腫脹、乳房痛、女性化乳房、乳汁分泌、動悸、顔面潮紅、舌のしびれ、咳、息苦しい、脱毛、月経異常、BUN上昇、そう痒感、薬疹様湿疹、過敏症状、嘔気、胸やけ、腹痛、げっぷ、浮腫、咽頭部異物感

レバミピド錠100mg「DSEP」の用法・用量

  • 〈胃潰瘍〉通常、成人には1回1錠(レバミピドとして100mg)を1日3回、朝、夕及び就寝前に経口投与する
  • 〈次記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期〉通常、成人には1回1錠(レバミピドとして100mg)を1日3回経口投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

レバミピド錠100mg「DSEP」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

レバミピド錠100mg「DSEP」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

レバミピド錠100mg「DSEP」に関係する解説

防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)

  • レバミピド錠100mg「DSEP」は、防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)に分類される。
  • 防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)とは、消化性潰瘍などに対して、胃粘液などの防御因子を増強することで胃腸粘膜保護作用などをあらわす薬。

防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)の代表的な商品名

  • アルサルミン
  • プロマック
  • ガストローム
  • セルベックス
  • ムコスタ
防御因子増強薬(消化性潰瘍などの治療薬)についての詳しい解説を見る