レベニン散 - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
レベニン散
後発

レベニン散の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

次記抗生物質投与時、化学療法剤投与時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善:ペニシリン系、セファロスポリン系、アミノグリコシド系、マクロライド系、テトラサイクリン系、ナリジクス酸。

用法・用量

1日3gを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用

使用上の注意

(取扱い上の注意)

安定性試験:レベニン散を用いた長期保存試験(25±1℃、相対湿度60±5%、3年6カ月)の結果、通常の市場流通下において3年6カ月間安定であることが確認された。

(保管上の注意)

防湿、気密容器。