口内炎パッチ大正クイックケア - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
口内炎パッチ大正クイックケア

口内炎パッチ大正クイックケアの基本情報

口内炎パッチ大正クイックケアの概要

商品名 口内炎パッチ大正クイックケア
薬のタイプ 外用 / 指定第2類
製造会社 帝國製薬
販売会社名 大正製薬

口内炎パッチ大正クイックケアの特徴

口内炎パッチ大正クイックケアは、“貼る”口内炎治療薬です。口腔内ですぐれた付着力をもち、患部を刺激からしっかりカバーし、また、成分が持続的に作用します。

口内炎パッチ大正クイックケアの効果・効能

口内炎アフタ性口内炎)。

口内炎パッチ大正クイックケアの構成成分

1枚(1パッチ)中 トリアムシノロンアセトニド0.025mg

口内炎パッチ大正クイックケアの用法・用量

成人(15歳以上)・小児(5歳以上):1患部に1回1枚を1日1~2回、患部粘膜に付着させて用いてください。
5歳未満:使用しないこと。
<注意>
1.定められた用法・用量を厳守してください。
2.本剤は溶けません。時間が経つと自然にはがれます。(無理にはがさないでください)
3.本剤は口腔内粘膜貼付剤ですので、内服しないでください。
4.痛みが治まったら使用を終了してください。(使用中のものをはがしとる必要はありません)
5.5歳未満の乳幼児には使用させないでください。
6.5歳以上の小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
7.小児への使用においては、貼付後、指ではがしとるおそれがありますので注意してください。
8.もし誤って飲み込んでしまった場合、新しい薬を患部に貼りなおしてください。万が一、症状が変わるなど、不安に思うことがありましたら医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
9.使用方法をまちがえると付着しないことがあるので、使用方法をよく読んで正しく使用してください。
10.本剤を患部粘膜に付着させた後、舌などで強くさわると、はがれることがあるので注意してください。
11.はがれたものは飲みこまずに捨ててください。

口内炎パッチ大正クイックケアの主な副作用

①次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)授乳中の人。
(5)患部が広範囲(患部を本剤でおおいきれない)にある人。
(6)高齢者。
②使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    口腔内  : 白斑(カンジダ感染症が疑われる)、
           患部に黄色いがある(細菌感染症が疑われる)
  上記の症状のほか、アレルギー症状(気管支喘息発作浮腫等)があらわれた場合
③本剤使用後、次の症状があらわれた場合には、感染症による口内炎や他疾患による口内炎が疑われるので、医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
  発熱、食欲不振、全身倦怠感リンパ節腫脹水疱(口腔内以外)、発疹発赤、かゆみ、口腔内の患部が本剤でおおいきれないくらい広範囲に広がる、目の痛み、かすみ目、外陰部潰瘍

口内炎パッチ大正クイックケアの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。