大正漢方胃腸薬<内服液>

大正漢方胃腸薬<内服液>の基本情報

大正漢方胃腸薬<内服液>の概要

商品名 大正漢方胃腸薬<内服液>
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 ジェーピーエス製薬
販売会社名 大正製薬

大正漢方胃腸薬<内服液>の特徴

飲みすぎ・二日酔のむかつきに

大正漢方胃腸薬<内服液>の効果・効能

飲みすぎ、はきけ(二日酔のむかつき・悪酔のむかつき、むかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、食欲不振、消化不良、胃部膨満感腹部膨満感、胃弱、食べすぎ、胸やけ、もたれ、胸つかえ、嘔吐。

大正漢方胃腸薬<内服液>の構成成分

1本(30mL)中 五苓散料水製乾燥エキス0.3g〔タクシャ0.833g、ブクリョウ0.750g、ケイヒ0.500g、チョレイ0.750g、ビャクジュツ0.750g に相当〕、黄連解毒湯水製乾燥エキス0.3g〔オウレン0.333g、オウバク0.333g、オウゴン0.500g、サンシシ0.333g に相当〕

大正漢方胃腸薬<内服液>の用法・用量

成人(15歳以上)1回1びん1日3回食前又は食間に服用してください。
(食間の服用は、食事の後2~3時間を目安にします)
<注意>
1.定められた用法・用量を厳守してください。
2.本剤は、生薬成分を含むため、経時的に沈殿いたしますが、薬効には変わりありません。よく振ってから服用してください。

大正漢方胃腸薬<内服液>の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称:腸間膜静脈硬化症
症状:長期服用により、腹痛、下痢、便秘腹部膨満等が繰り返しあらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

大正漢方胃腸薬<内服液>の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。