パンラクミンプラス - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
パンラクミンプラス

パンラクミンプラスの基本情報

パンラクミンプラスの概要

商品名 パンラクミンプラス
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 日東薬品工業
販売会社名 第一三共ヘルスケア

パンラクミンプラスの特徴

本剤に配合された緑麦芽由来の植物性の乳酸菌『ラクボン』と『納豆菌』が、キレイな腸内環境をつくり正常な腸の状態に改善します。

パンラクミンプラスの効果・効能

整腸(便通を整える)、腹部膨満感、便秘、軟便。

パンラクミンプラスの構成成分

9錠中 有胞子性乳酸菌(ラクボン原末)30mg、納豆菌末10mg、沈降炭酸カルシウム450mg

パンラクミンプラスの用法・用量

15歳以上:1回3錠。
11歳以上15歳未満:1回2錠。
5歳以上11歳未満:1回1錠。
1日3回服用。
食後に口中で溶かすか、又はかみくだいて服用してください。
5歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.5歳以上の幼小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

パンラクミンプラスの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)次の診断を受けた人
     甲状腺機能障害
 (3)抗凝血剤「ワルファリン」を服用している人
2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
   便秘
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

パンラクミンプラスの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。