ARBを使用する主な病気(高血圧症、二次性高血圧症)など | MEDLEY(メドレー)
ARB
血圧を上昇に深く関わる体内物質アンジオテンシンIIの働きを抑えることで降圧作用などをあらわす薬
同義語:
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 レニン・アンジオテンシン系阻害薬

ARBを使う主な病気

  • 高血圧症

    140/90mmHgより高い血圧が持続している状態。原因には加齢、喫煙、肥満、ホルモンの異常などがある。高血圧症があると心筋梗塞や脳出血などの危険性が増加する。
    全身・その他
    一般内科
    循環器内科
    代謝・内分泌内科
    腎臓内科
  • 二次性高血圧症

    他の病気が原因で起こった高血圧のこと。原因となっている病気を適切に治療することで、高血圧も治ることが見込める
    全身・その他
    一般内科
    循環器内科
    代謝・内分泌内科
    腎臓内科
  • 腎血管性高血圧症

    腎動脈(腎臓に血液を送り出す血管)が狭くなることによって生じる高血圧
    全身・その他
    一般内科
    循環器内科
    腎臓内科