病院を探す

急性胆管炎に関連する診療科の全国の病院・クリニックを探す

※感染症内科、救急科、消化器外科(肝胆膵)等の診療科を標榜する医療機関を自動で取得・表示しています。いずれの医療機関でも初期診療や適切な他病院の紹介は原則可能ですが、ご希望の診療内容が受けられるかどうかは医療機関にお問い合わせください。

19666件中 1-20件

急性胆管炎かなと感じている方

急性胆管炎は発熱や吐き気に腹痛、特に右上腹部の痛みがみられます。このような症状が急激に出現して心当たりのある方は、消化器内科や消化器外科の受診をお勧めします。入院治療が必要となるため、クリニックではなく病院で診療を受けることになりますが、診断が急性胆管炎かどうかを確かめる意味も含めて、まずはお近くのクリニックにかかるのも良いでしょう。 急性胆管炎の診断は腹部エコーまたはCTで行います。治療の一環としてERCPと呼ばれる内視鏡の処置(詳しくは後ほど解説します)が必要になることが多いため、診断が確定してから治療を受ける上ではERCPの設備がある病院が適しています。

急性胆管炎でお困りの方

急性胆管炎の治療では、抗生物質の点滴とドレナージと呼ばれる処置が大きな二本柱になります。いずれの治療も内科(消化器内科)が行うこともあれば、外科(先述のいくつかの外科)が行うこともあります。病院によって「この病気はどちらの科が担当」と、それぞれ担当が決まっていることが多いです。中には、抗生物質だけであれば内科、ドレナージが必要になれば外科といったように、処置の必要性で診療科を分けている病院もあります。 ドレナージ処置にはいくつかの種類があります。内視鏡(胃カメラのような検査で、治療を兼ねた処置)を用いて胆管までチューブを通したり胆管の出口を切って広げたりする治療(ERCPやESTと...

医師がつくるオンライン医療事典MEDLEYでは急性胆管炎に関連する診療科の病院・クリニック19666件についての情報を提供しています。診療科、土曜・日曜診療、予防接種などの条件で病院・クリニック選びをサポートします。