でぃーがたかんえん
D型肝炎
D型肝炎ウイルスによる感染症。D型肝炎ウイルスに関している人はB型肝炎ウイルスに感染している
2人の医師がチェック 32回の改訂 最終更新: 2017.12.06

D型肝炎の基礎知識

POINT D型肝炎とは

D型肝炎ウイルスによる感染症です。D型肝炎ウイルスに感染している人のほぼ全員がB型肝炎ウイルスに感染しています。B型肝炎と同じく、性行為・輸血・針刺し事故で感染がうつります。感染したばかりに風邪のような急性症状が出ることがありますが、基本的には病状が進行するまでは症状を自覚することはありません。病状が進行すると黄疸(目や皮膚が黄色くなること)や倦怠(だるさ)などが出てきます。 血液検査を行ってD型肝炎ウイルスの遺伝子検査を行って診断します。B型肝炎ウイルスに対する治療に準じて治療します。B型肝炎と異なる点は、D型肝炎ウイルスに対してはワクチンが存在しないことです。D型肝炎が心配な人や治療したい人は、消化器内科や感染症内科を受診して下さい。

D型肝炎について

  • D型肝炎ウイルスによる感染症
    • D型肝炎ウイルスに関している人はB型肝炎ウイルスに感染している
  • 血液や体液を介して感染する
    • 日本ではまれな感染症であるが欧米では比較的多く見られる
  • 感染の仕方はB型肝炎と同じと考えられている
    • 性行為
    • 針刺し事故
    • 輸血   など

D型肝炎の症状

  • 肝炎の症状と同様
    • 感染初期は無症状
    • 黄疸
    • 倦怠感
    • 発熱   など

D型肝炎の検査・診断

  • 血液検査
    • D型肝炎ウイルスに対する抗体の値
    • D型肝炎ウイルスの遺伝子検査

D型肝炎の治療法

  • B型肝炎の治療及び予防を行うことが重要
    • B型肝炎を治療することでD型肝炎ウイルスの増殖は防ぐことができる
  • D型肝炎のワクチンはない
    • B型肝炎ウイルスの感染を予防するワクチンが予防に有効

D型肝炎の経過と病院探しのポイント

D型肝炎でお困りの方

D型肝炎は、特殊なタイプの肝炎で、既にB型肝炎ウイルスに感染している方のみに感染、そして発症するという特徴があります。したがって、症状がある場合の治療はB型肝炎の治療と同様で、B型肝炎が治癒すればそれと同時にD型肝炎も治癒することになります。

D型肝炎そのものに対して特別な治療は行われません。より具体的な流れについてはB型肝炎のページもご参考になさって下さい。

D型肝炎に関連する診療科の病院・クリニックを探す

D型肝炎が含まれる病気

D型肝炎のタグ

D型肝炎に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する