だいのうひしつきていかくへんせいしょう
大脳皮質基底核変性症
大脳の萎縮や基底核の変性が起こることで、錐体外路症状や、失行、認知症など様々な症状が出る病気
7人の医師がチェック 97回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta 大脳皮質基底核変性症についての医師コメント

パーキンソン病に似た症状を出す、パーキンソン症候群といわれるものの一つです。最初の症状の特徴としては、片側の手足にこわばりがでるというものです。また、日常よく使っていた道具が使えなくなったり、手が自分の意志に反して無目的に動いたり、手足がぴくついたりするなどの症状が出ます。
症状に「左右差がある」というのがこの病気の大きな特徴でしょう。MRIでみても、病変には左右差があります。
また、認知症も目立ちます。上記のような日常よく使っていた道具が使えなくなる、という症状の他に、言葉がわからなくなる、などの症状があります。
治療としては、パーキンソン病に使う薬と同じものを試しては見ますが、効きはよくありません。他のパーキンソン症候群の病気よりも進行ははやく、5-10年で寝たきりになってしまいます。上に記した他にも非常に多彩な症状を呈することがあり、診断にも苦労します。診断にも治療にも非常に悩む疾患です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.05.24

MEDLEYニュース新着記事