はいかのうしょう(はいのうよう)
肺化膿症(肺膿瘍)
肺が細菌に感染して、肺の内部に空洞が生じ、その内部に膿が溜まった状態。
5人の医師がチェック 92回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta 肺化膿症(肺膿瘍)についての医師コメント

肺化膿症では普通の細菌性肺炎よりも一歩進んだ強い炎症が肺に起きています。細菌の活動性が高い場合や、糖尿病やステロイド内服など免疫力が弱まる素地をもっている場合に起こりやすいです。空洞などができてしまうと、感染症としての治療が成功しても、後に肺の構造が壊れたり、そこが繰り返す感染の温床になってしまうことなどもあり注意が必要です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.01