[医師監修・作成]神経因性膀胱 | MEDLEY(メドレー)
しんけいいんせいぼうこう
神経因性膀胱
脳や自律神経の障害などにより尿を我慢したり出したりする膀胱の機能がコントロールできなくなる病気
6人の医師がチェック 85回の改訂 最終更新: 2022.02.07

神経因性膀胱

膀胱は袋のような形をしている臓器です。尿を一時的に溜めておく役割があり、膀胱の中の尿が一定量になると、縮んで尿を身体の外に排出します。膀胱の一連の動きは神経の働きによって制御されていますが、この神経の動きが乱れる病気が神経因性膀胱です。こちらのページでは神経因性膀胱の概要について説明します。

神経因性膀胱とはどんな病気なのか? 症状・原因・検査・治療など

膀胱は袋のような形をしている臓器です。尿を一時的に溜めておく役割があり、膀胱の中の尿が一定量になると、縮んで尿を身体の外に排出します。膀胱の一連の動きは神経の働きによって制御されていますが、この神経の動きが乱れる病気が神経因性膀胱です。このページでは神経因性膀胱の概要について説明します。

神経因性膀胱の症状について

神経因性膀胱の主な症状は「尿意の異常」と「尿閉」「尿失禁」の3つです。このページでは神経因性膀胱でよくみられる症状について掘り下げて説明していきます。

神経因性膀胱の検査について

神経因性膀胱は原因となる病気が背景にあることが多いです。そのため、問診では排尿の状況とともに、持病や過去の病気についても聞かれます。また、膀胱の機能を調べる尿流動態検査や超音波検査などの検査が、状態の把握に有用です。このページでは神経因性膀胱の検査について掘り下げて説明していきます。

神経因性膀胱の治療について:治療薬やリハビリテーションなどについて

神経因性膀胱の治療で得られる効果は程度によって異なります。程度が軽ければ治療によって治ることもあります。一方で程度が重い場合には排尿機能の改善は難しく、症状を軽くしたり上手に付き合うための治療が中心になります。

神経因性膀胱で知っておくとよいこと

神経因性膀胱という病気を耳にした人は多くはないかもしれません。そのため、さまざまな疑問があるかと思います。このページでは患者さんからよく受ける質問をベースにして、知っておいて欲しいことを中心に説明します。