たんじゅんせいこうじょうせんしゅ

単純性甲状腺腫

甲状腺全体が腫大しているだけで、他に特別な異常がない状態

病気に関連する診療科の病院を探す
6人の医師がチェック 93回の改訂 最終更新: 2017.07.21

単純性甲状腺腫の基礎知識

POINT単純性甲状腺腫とは

甲状腺全体が腫れているのみで、他に特別な異常がない状態です。全人口の数%にみられ、血縁者にバセドウ病や橋本病があることがあります。症状は首の前にある甲状腺が大きく腫れるのみで、しこりのようなものも触れません。血液検査で甲状腺ホルモンなどを調べて、他の甲状腺の病気が無いか調べます。超音波検査で腫瘍の有無などを確認します。通常は無治療でかまいません。あとになって甲状腺機能の異常がでることがあるため、年に1回程度の検査で経過をみていくほうがいいでしょう。甲状腺が腫れる病気は様々なので、甲状腺の腫れを自覚した時は内科に受診しましょう。

単純性甲状腺腫について

  • 甲状腺のどぼとけのすぐ下にある、人体で最大の内分泌腺(ホルモンを出す臓器)。甲状腺ホルモンを分泌する全体が腫大体の組織の一部が局所的に大きくなること。血流の増加や、含まれる水分の増加、腫瘍などによって生じるしているだけで、他に特別な異常がない状態
  • 全人口の数パーセントにみられる
  • 血縁者にバセドウ病橋本病が見つかることがある
  • 治療の必要はない

単純性甲状腺腫の症状

  • 主な症状
    • 甲状腺腫大以外に症状はない
    • 全体的に膨らんでいるだけで、特別なこぶのようなものがあるわけではない
    • まれに甲状腺のどぼとけのすぐ下にある、人体で最大の内分泌腺(ホルモンを出す臓器)。甲状腺ホルモンを分泌するが巨大になり、気管、食道を圧迫することがある

単純性甲状腺腫の検査・診断

  • 血液検査:甲状腺ホルモン全身の代謝を活発にしたり、神経を興奮させたりする働きをもつホルモンなど検査し、他の甲状腺のどぼとけのすぐ下にある、人体で最大の内分泌腺(ホルモンを出す臓器)。甲状腺ホルモンを分泌するの病気がないかを調べる
  • 超音波検査空気の細かな振動である超音波を使った画像検査。体の奥の血管や臓器を観察することができる腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるの有無と血流の変化の有無を確認する

単純性甲状腺腫の治療法

  • 通常は無治療で良い
  • 後から甲状腺のどぼとけのすぐ下にある、人体で最大の内分泌腺(ホルモンを出す臓器)。甲状腺ホルモンを分泌する機能に異常が出てくることがあるので年に1回程度の検査で経過を見ていく
    • 甲状腺機能が亢進することも低下することもある

単純性甲状腺腫が含まれる病気


単純性甲状腺腫のタグ

からだ首・のど

単純性甲状腺腫に関わるからだの部位