きょうさくせいけんしょうえん(どぅけるヴぁんびょう)
狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)
親指に発生する腱鞘炎の一種。指を使いすぎることで、腱鞘(腱が通る部分)で腱が擦れて炎症が起きた状態
7人の医師がチェック 104回の改訂 最終更新: 2018.11.22

Beta 狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)のQ&A

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)の原因、メカニズムについて教えて下さい。

    親指を使いすぎることで生じる腱鞘(腱が通る部分)でおきた炎症をさします。パソコンの使い過ぎや親指を反復して使う職業についている人に起きやすいと言われています。関節リウマチや細菌感染が原因となる場合もあります。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)は、どのくらいの頻度で起こる病気ですか?

    更年期(40-50歳代)を中心に、それ以前であっても、特に女性に生じることが多いとされています。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)と腱鞘炎の違いについて教えて下さい。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)は、腱鞘炎の一種です。親指を伸ばす働きをする腱と親指を広げる働きをする腱におこる腱鞘炎を、狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)と言います。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)は、どんな症状で発症するのですか?

    親指を動かしにくくなる、手を動かすと親指のつけ根に痛みを感じる、親指の付け根が腫れあがるといった症状がみられます。手の指を広げたり閉じたりするときに特に痛みが生じやすいとされています。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)は、どのように診断するのですか?

    フィンケルシュタインテストと呼ばれるテストを行います。親指を小指の方向に向かって曲げたときの痛みの発生によって診断します。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)の治療法について教えて下さい。

    炎症をおさえるために、安静にすることが勧められます。手首から親指を固定する装具をつけて安静にすることもあります。痛みがおさまらない場合は、痛みが生じている腱に注射(ステロイド薬)を打ったり、痛み止めを服用します。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)のその他の治療法について教えて下さい。

    安静や痛み止めの服用で効果が得られない場合は、炎症が生じている腱を切開する手術が行われます。手術の後には、術部が固まらないようにすること、腱鞘を腱がスムーズに通るようにするためのリハビリテーションが行われます。

    狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)は、完治する病気ですか?あるいは、治っても後遺症の残る病気ですか?

    ステロイドの注射は、効果が一時的なものが多く、繰り返し用いることで腱が断裂する原因にもなりうるため、頻回の注射には注意が必要です。  手術を行うことによって、手の動きは改善します。リハビリテーションを行うことで、手の働きが元に戻りやすくなるとも言われています。リハビリテーションを受けられない場合でも、指の使いすぎに注意することや手を使ったあとにストレッチを行うことが望ましいと言われています。