2017.06.10 | ニュース

Amazon、健康リスクのあるトリプトファンとリチウム含有製品を削除

カナダ政府機関の注意
Amazon、健康リスクのあるトリプトファンとリチウム含有製品を削除の写真
(C) Syda Productions - Fotolia.com

健康リスクのあるL-トリプトファンとリチウムオロチン酸塩を含む未承認の製品が「amazon.ca」で売られていたとして、カナダの政府機関が消費者に注意を促しました。Amazonは製品をサイトから削除しました。

カナダの政府機関であるヘルス・カナダが、amazon.caで健康リスクのある未承認製品が売られていたとして注意情報を出しました。

L-トリプトファンリチウムオロチン酸塩を含む製品が指摘されました。

Amazonはヘルス・カナダの求めに従って、指摘された製品をサイトから削除しました。

ヘルス・カナダは、これらの製品を使用した人に対して、医療従事者に相談し、安全に使用中止するとともに、自分の医学的状態を適切に治療するためのアドバイスを受けることを勧めています。また、もし有害な出来事があればヘルス・カナダに連絡することを求めています。

 

リチウムオロチン酸塩と、1日220mgを超えるL-トリプトファンはカナダでは処方薬とされ、医療従事者の管理のもとに限って使用することとされています。

うつ病などの状態に対して、抗うつ薬とともにL-トリプトファンが処方されています。副作用として、口の渇き、めまい、吐き気、頭痛、性的問題が挙げられています。また、ほかの薬剤と同時にL-トリプトファンを使用したことで、セロトニン症候群という危険な状態が引き起こされた例が報告されています。

リチウムは躁(そう)状態の治療に使われる薬品です。現れやすい副作用として、のどの渇き、多尿、手の震え、眠気などが挙げられています。また、まれにリチウム中毒を起こす場合があります。

 

トリプトファンは肉など多くの食品に含まれるアミノ酸の一種です。普通の食生活をしていれば不足することはありません。また、食事に含まれるトリプトファンが有害なほどの量になることも、薬剤服用中などを除けばほとんど考えられません。日本ではトリプトファンは医薬品とはみなされていません。

しかし、サプリメントなどで大量のトリプトファンを飲むことにより健康被害が現れる可能性は考えられます。トリプトファンまたはトリプトファンを含む食品を摂取したあとに好酸球増多筋痛症候群という状態が引き起こされた例が報告されています。

また、妊娠中に大量のトリプトファンを摂取することで胎児の呼吸様運動が減ったとする報告もあります。

リチウムは日本で使われている医療用医薬品にも含まれています。炭酸リチウムを有効成分とする薬剤が躁病などの治療に使われています。

ショッピングサイトをうまく使えば、ドラッグストアなどで販売されている市販薬を楽に手に入れて、日頃の健康管理に役立てることもできます。しかし便利になるということは思わぬ例外が紛れ込む可能性とも隣り合わせです。

安全性や規制などについて十分に客観的な情報を集め、ショッピングサイトを賢く利用してください。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Multiple unauthorized L-tryptophan and lithium orotate products sold on amazon.ca may pose serious health risks.

Recalls and safety alerts. 2017 May 30.

http://healthycanadians.gc.ca/recall-alert-rappel-avis/hc-sc/2017/63436a-eng.php

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

関連記事 おすすめ 人気記事 薬について知る 病気について知る 病院を探す PR インタビュー記事
MEDLEYニュース新着記事