そうびょう
躁病
異常に元気であったり、自信がみなぎったり、人に対して偉そうになったりする病気
9人の医師がチェック 128回の改訂 最終更新: 2017.12.06

躁病の基礎知識

躁病について

  • 気分が高ぶっている状態(躁状態)が続く病気
    • 異常に元気であったり、自信がみなぎったりする
    • 気分が変化、高揚し、活動性が増えた状態が数日以上続き、普通の社会生活や仕事に障害が出る
  • 原因は不明、脳活動の異常と推測されている
  • 頻度は100人に1人程度
  • 甲状腺機能亢進症神経性食思不振症との区別が難しい場合がある

躁病の症状

  • 主な症状
    • 異常に元気がある
    • 異常に社交的
    • 早口で次から次へと話す(相手は理解できないことが多い)
    • やたら怒りっぽい
  • その他の症状の例
    • 異常に自分に自信がある
    • 寝なくても元気
    • よくしゃべる
    • 次々といろいろな考えが出てきて止まらない
    • 気が散ってしまう
    • やりたいことをやろうとして、いてもたってもいられなくなる
    • ついつい自分の快楽に走ってしまう(衝動買い、無分別な性交、賭け事など)

躁病の検査・診断

  • 医師の診察により、「症状」の項目のうち、複数の症状があることで診断される

躁病の治療法

  • 主な治療
    • 気分安定薬を用いる
      ・炭酸リチウム
      ・バルプロ酸
      抗精神病薬
  • 完全に症状を抑えるというより、社会生活において問題が起こらない程度にまで症状を和らげることが大切

躁病に関連する治療薬

気分安定薬(炭酸リチウム)

  • 感情の高まりや行動を抑えることで躁病などの改善や抗うつ薬などの作用を補助する薬
    • 躁病は気分の高ぶっている躁状態が続き異常に元気であるなどの症状があらわれる
    • 炭酸リチウムは中枢神経に作用し感情の高まりや行動を抑え、気分を安定化する作用をあらわす
    • 炭酸リチウムは抗うつ薬などの効果を高める作用もあらわす

気分安定薬(炭酸リチウム)についてもっと詳しく

バルプロ酸ナトリウム製剤

  • 脳内のGABA(γ-アミノ酪酸)の神経伝達促進作用などにより、脳内の神経興奮の抑制作用などをあらわし、てんかん、片頭痛、躁病などの改善作用をあらわす薬
    • てんかん、片頭痛、躁病などは脳内神経の異常な興奮などによっておこるとされる
    • 脳内神経伝達物質のGABAは神経興奮の抑制系物質として脳内で作用する
    • 本剤は脳内の神経興奮抑制系の賦活作用などをあらわす

バルプロ酸ナトリウム製剤についてもっと詳しく

カルバマゼピン製剤

  • 脳内神経の過剰な興奮を抑えることで、てんかん、躁状態などを改善する薬
    • てんかん、躁病などは脳内神経の異常な興奮などによっておこるとされる
    • 脳内で神経細胞への興奮性シグナルとしてナトリウム(Na)イオンなどがある
    • 本剤はNaイオンの通り道であるNaチャネルを阻害し、神経細胞の興奮を抑える作用をあらわす

  • てんかん、躁病の他、三叉神経痛などの神経性疼痛の改善などで使用する場合もある
カルバマゼピン製剤についてもっと詳しく


躁病のタグ

からだ

躁病に関わるからだの部位


MEDLEYニュース新着記事