2016.10.09 | ニュース

元気な子どもの血液を調べたら5人が感染していた!B型肝炎ウイルスは日本にどれぐらいいるのか?

全国の血液検査から
from Vaccine
元気な子どもの血液を調べたら5人が感染していた!B型肝炎ウイルスは日本にどれぐらいいるのか?の写真
(C) jarun011 - iStock

10月1日から、0歳児を対象にB型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました。B型肝炎は肝硬変や肝臓がんの原因になります。感染している人の数を全国で調べた調査から、4歳以上15歳以下の子ども5人に陽性結果が出ていたことが報告されました。

国立感染症研究所と国立国際医療研究センターの研究班が、調査結果を医学誌『Vaccine』に報告しました。

この研究では、2005年から2011年にかけて全国で健康な人から採血し、抗原・抗体検査でB型肝炎ウイルスに感染している人の数を調べました。

 

検査の結果、4歳から15歳までの子ども3,000人のうち、HBs抗原が陽性の結果が出た子どもが5人いました。陽性の結果は日本の南部地域で多く見られました。

HBs抗原が陽性だった子どもの体には、現在B型肝炎ウイルスが体の中にいると考えられます。

研究班はこの結果から「[...]B型肝炎ウイルスに感染する機会は、特に一部の地域では、我々が考えていたよりも頻繁にある」と述べています。

 

健康な子どももB型肝炎ウイルスに感染していることが確かめられました。仮にこの報告のとおりの割合と考えると、同じ年齢の子どもは全国で1300万人ほどいるので、2万人ほどがB型肝炎ウイルスに感染している計算になります。

B型肝炎ウイルスの感染経路はおおむね理解されていますが、今年2月に報道された、神戸中央病院で原因不明の感染者が多発した例のように、感染源を特定できない場合も中にはあります。

B型肝炎の予防にはワクチンが有効です。定期接種は原則として自己負担無料です。生後2か月、3か月、7-8か月の計3回注射します。1歳になると定期接種の対象にならなくなるので、いま対象になる子どもには早めに1回目の注射を打ってください。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Seroepidemiological study of hepatitis B virus markers in Japan.

Vaccine. 2015 Nov 9.

[PMID: 26341564]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

関連記事 おすすめ 人気記事 病気について知る 病院を探す
MEDLEYニュース新着記事