2016.01.20 | ニュース

突然の心停止、患者さんの50%に前兆があった

35~65歳まで839人のデータを解析
from Annals of internal medicine
突然の心停止、患者さんの50%に前兆があったの写真
(C) hospice - Fotolia.com

突然の心停止により死亡する人は少なくありません。では突然の心停止には何か前兆があるのでしょうか?米国の研究チームが、患者さんの発症前の症状を調査しました。

◆35~65歳まで839人のデータを解析

研究チームは、35~65歳までの患者さん839人が心停止を発症する前4週間の症状を調査し、早期治療が退院までの生存率にどう影響するかを解析しました。

 

◆半数に前兆があった

全体の51%の患者さんは、心停止発症前の4週間に胸の痛みや息苦しさなどを感じていました。そのうち93%は、発症前の24時間以内に同じ症状が再発していました。心停止の発症前にそれらの症状を救急へ連絡したのは19%でした。 退院までの生存率を比べると、救急へ連絡した患者さんの生存率は32.1%。連絡しなかった患者さんの生存率は6.0%でした。前兆があったときに救急車を呼べば生存率が高くなる、ということになります。

 

同じような報告は日本からも出ていて、心停止の前駆症状は62%に及ぶとしています。ほとんどは1時間以内で、症状はここでの報告と同じです。自分や周囲の人に心停止の前兆を疑わせる症状があれば、すぐに救急車を呼んで病院に行けば、さらに深刻な事態を防ぐ手が打てるかもしれません。

参考文献

Warning Symptoms Are Associated With Survival From Sudden Cardiac Arrest.

Ann Intern Med. December 2015

[PMID: 26720493]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事