2015.11.14 | ニュース

勤務中の医師や看護師は脱水になりやすい

コホート研究で検証
from Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)
勤務中の医師や看護師は脱水になりやすいの写真
(C) aboikis - Fotolia.com

体の中に必要な水分が足りない脱水症の状態になると、立ちくらみや頭痛などの症状を引き起こします。熱中症などでなりやすい状態ですが、この研究では、勤務中の医師と看護師の脱水について調査しました。

♦医師や看護師92人を対象に検証

この研究は、大学病院に勤める医師や看護師92人を対象に行われました。対象は勤務前と勤務後に採尿と採血を行いました。脱水の定義は、尿浸透圧が800 mOsmol/kgより高いこととしました。

 

◆勤務後は脱水になりやすい?

勤務前後の脱水の結果は以下の通りでした.

[…]尿浸透圧の平均(標準偏差)は、勤務前と比較し勤務後で有意に高かった(勤務後720 (282) vs. 勤務前622 (297) mOsm/kg、P = 0.031)[…]

勤務後の医師や看護師は、勤務前と比べ、尿浸透圧が高い結果となりました。

 

医師や看護師に限らず、仕事が忙しいと水分を摂取するのが難しくなる場合があります。夏場だけでなく、普段から、水分摂取を心がける必要があるかもしれません。

執筆者

com

参考文献

Hydration amongst nurses and doctors on-call (the HANDS on prospective cohort study).

Clin Nutr. 2015 Jul 16

[PMID: 26216194]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事