2015.06.09 | ニュース

スマホゲームのやりすぎで腱断裂!?

アメリカ29歳の男性
from JAMA internal medicine
スマホゲームのやりすぎで腱断裂!?の写真
(C) BillionPhotos.com- Fotolia.com

スマートフォンが健康に及ぼす影響について、医学の観点からの研究はまだまだ始まったばかりです。アメリカで報告された、スマートフォンのゲームを長時間プレイするうちに指の腱が切れてしまったという人は極端な例としても、思いもよらないところに影響が出ることが決してないとは言えません。

◆スマホゲームを続けた6週間

この29歳の男性は、6週間から8週間にわたってスマートフォンで一日中ゲームをプレイしているうちに、左手の親指が痛く、動かせなくなったため受診しました。診察の結果、左手の親指を伸ばす腱が切れた、左長母指伸筋腱断裂と診断されました。

 

◆人差し指から腱を移行

親指の腱の代わりにするため、人差し指を伸ばす示指伸筋に2本ある腱のうち1本を親指に移す手術が行われました。この手術は関節リウマチなどで薬指や小指の腱が切れた患者に行われることがあるものです。手術によって、親指の腱は確かに切れていたことが確かめられました。

研究班は「ビデオゲームが痛みの知覚を弱くする可能性は、過剰使用、濫用、依存についての臨床的、社会的関心を呼ぶ」とコメントしています。

 

この研究は海軍関係者からの報告ですが、29歳で6週間もずっとスマートフォンのゲームをプレイし続けたというのはどんな生活だったのでしょう。ゲームが痛みを鈍くするというのも興味深い観点ですが、生活スタイルについても考えさせられるところがあります。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Tendon rupture associated with excessive smartphone gaming.

JAMA Intern Med. 2015 Jun 1

[PMID: 25868006]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事