[薬解説, アレルギー・呼吸器疾患治療薬]に対する検索結果

  • 薬の解説
    肺の線維化に関わる因子の産生を調整し肺機能の悪化を抑制することで肺線維症の進行を抑える薬
  • 副腎皮質ホルモンの抗炎症作用や抗アレルギー作用などにより、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎の症状を改善する薬
    同義語
    ステロイド
    ステロイド点鼻薬
  • 抗ヒスタミン作用(体内物質ヒスタミンの働きを抑える作用)によりアレルギー反応を抑え蕁麻疹、花粉症、喘息などによる皮膚の腫れや痒み、鼻づまり、咳などの症状を改善する薬
    同義語
    H1受容体拮抗薬
  • 免疫細胞からアレルギー反応を引き起こす因子となる物質の産生を抑えることで抗アレルギー作用をあらわす薬
  • 気管支の拡張や呼吸中枢の刺激作用などにより喘息や気管支炎などの咳や息苦しさなどを改善する薬
  • 咳を引き起こす咳中枢の抑制作用や気道を広げる作用などにより咳などの呼吸器症状を緩和する薬
  • 気道の炎症を抑え、喘息による咳の発作などを予防する吸入薬
  • 薬の解説
    咳を抑え、痰を吐き出しやすくするなどにより気管支炎などによる呼吸器症状を和らげる薬
    同義語
    去痰剤
  • テオフィリンを元にして造られた薬剤で、体内でテオフィリンとして存在し、心臓刺激作用、利尿作用、気管支拡張作用などをあらわし、心疾患や呼吸器疾患などの治療に使われる薬
  • 体内のアレルギー反応などに関わるロイコトリエンの働きを抑えることで、気管支を広げ喘息による咳の発作を予防したり、アレルギー性鼻炎などを治療する薬
  • 免疫反応を抑えることで、アレルギー性結膜疾患の中で症状が重い「春季カタル」による目の腫れなどの症状を改善する薬
    同義語
    免疫抑制剤
  • 鼻粘膜におけるアレルギー反応を抑えることで、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を抑える薬
  • 体内のアレルギー反応などを引き起こす物質であるヒスタミンの作用を抑制する(抗ヒスタミン作用)ことにより、痒みや赤み、膨らみなどの皮膚症状を和らげる薬
  • 薬の解説
    病原体や異物などを痰や鼻汁によって体外へ排出しやすくすることで気管支の炎症や喘息、慢性副鼻腔炎などによる症状を和らげる薬
    同義語
    去痰剤