エムトリバカプセル200mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
エムトリバカプセル200mg
先発

エムトリバカプセル200mgの基本情報

エムトリバカプセル200mgの概要

商品名 エムトリバカプセル200mg
一般名 エムトリシタビンカプセル
薬価・規格 1111.6円 (200mg1カプセル)
薬の形状
内用薬 > カプセル剤 > カプセル
内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
製造会社 ギリアド・サイエンシズ
YJコード 6250028M1029
レセプト電算コード 620002488
識別コード 200mg@GILEAD
添付文書PDFファイル

エムトリバカプセル200mgの主な効果と作用

  • ウイルスによる感染症を治療するお薬です。
  • ヒト免疫不全ウイルスHIV)の増殖をおさえる働きがあります。

エムトリバカプセル200mgの用途

  • HIV-1感染症

エムトリバカプセル200mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

浮動性めまい、頭痛、不眠症、下痢、悪心、腹痛、高脂血症、食欲減退、体脂肪再分布、体脂肪蓄積、高コレステロール血症

起こる可能性のある重大な副作用

乳酸アシドーシス、脂肪沈着による重度肝腫大、脂肪肝、肝細胞毒性が疑われる臨床症状、肝細胞毒性が疑われる検査値異常、アミノトランスフェラーゼの急激な上昇、重篤な乳酸アシドーシス

上記以外の副作用

高血糖、神経過敏、不安、うつ病、リビドー減退、感情不安定、異常な夢、錯感覚、前庭障害、ニューロパシー、傾眠、末梢性ニューロパシー、思考異常、胃腸障害、消化不良、嘔吐、鼓腸、便秘、胃炎、腹部膨満、口臭、口内乾燥、発疹、皮膚変色、皮膚そう痒症、皮膚乾燥、多汗症、脂漏、帯状疱疹、筋肉痛、関節痛、背部痛、無力症、疼痛、AST増加、ALT増加、血中アミラーゼ増加、CK増加、Al-P増加、白血球減少症、血管拡張、感染、インフルエンザ症候群、倦怠感、発熱

エムトリバカプセル200mgの用法・用量

  • 通常、成人にはエムトリシタビンとして1回200mgを1日1回経口投与する
    • なお、投与に際しては必ず他の抗HIV薬と併用すること
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 本剤の有効成分であるエムトリシタビンを含む製剤と併用しないこと
  • 7.2. 腎機能障害のある患者では本剤の血中濃度が上昇するので、腎機能の低下に応じて、次の投与方法を目安とする〔9.2.1、16.6.1参照〕[1)クレアチニンクリアランス(CLcr)50mL/min以上:本剤1カプセルを1日1回投与、2)クレアチニンクリアランス(CLcr)30~49mL/min:本剤1カプセルを2日間に1回投与、3)クレアチニンクリアランス(CLcr)15~29mL/min:本剤1カプセルを3日間に1回投与、4)クレアチニンクリアランス(CLcr)15mL/min未満:本剤1カプセルを4日間に1回投与、5)血液透析患者:本剤1カプセルを4日間に1回投与、透析日に投与する場合は、透析後投与]
  • 7.3. 核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)3剤のみを用いる一部の治療は、NRTI2剤に非核酸系逆転写酵素阻害薬又はHIV-1プロテアーゼ阻害薬を併用する3剤併用療法と比べて、概して効果が低いことが報告されているので、NRTI3剤のみによる治療で効果が認められない場合には他の組み合わせを考慮すること
  • 7.4. 本剤の薬剤耐性を含むウイルス学的特性はラミブジンと類似しているので、本剤とラミブジンを含む製剤を併用しないこと
    • また、ラミブジンを含む抗HIV療法においてウイルス学的効果が得られず、HIV-1逆転写酵素遺伝子のM184V/I変異が認められた場合、ラミブジンを本剤に変更することのみで効果の改善は期待できない
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

エムトリバカプセル200mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

エムトリバカプセル200mgと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
    薬価 1111.6円 (200mg1カプセル)
    薬の形状 内用薬 > カプセル剤 > カプセル
    製造会社 ギリアド・サイエンシズ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る

エムトリバカプセル200mgに関係する解説

核酸系逆転写酵素阻害薬(抗HIV薬)

  • エムトリバカプセル200mgは、核酸系逆転写酵素阻害薬(抗HIV薬)に分類される。
  • 核酸系逆転写酵素阻害薬(抗HIV薬)とは、ヒト免疫不全(HIV)が宿主細胞に感染するために必要な逆転写酵素の働きを阻害し、HIVの体内における感染拡大を抑える薬。

核酸系逆転写酵素阻害薬(抗HIV薬)の代表的な商品名

  • コンビビル
  • ザイアジェン
  • ビリアード
  • エプジコム
  • エムトリバ
  • ツルバダ
  • デシコビ
核酸系逆転写酵素阻害薬(抗HIV薬)についての詳しい解説を見る