ビザミル静注 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ビザミル静注

ビザミル静注の基本情報

ビザミル静注の概要

商品名 ビザミル静注
一般名 フルテメタモル(18F)注射液
薬価・規格 - 円 (10MBq)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 日本メジフィジックス
YJコード 43004A4A1028
添付文書PDFファイル

ビザミル静注の主な効果と作用

  • 脳の検査に用いるお薬です。

ビザミル静注の用途

ビザミル静注の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

潮紅、血圧上昇、悪心、頭痛、浮動性めまい、胸部不快感

起こる可能性のある重大な副作用

アナフィラキシー、顔面潮紅、呼吸困難、胸部圧迫感

ビザミル静注の用法・用量

  • 通常、本剤1バイアル(120~370MBq)を静脈内投与し、投与後60~120分に撮像を開始する
  • (用法及び用量に関連する注意)撮像時間は、投与量、撮像機器、データ収集条件、画像再構成のアルゴリズム及びパラメータ等を考慮して決定すること(適切にバリデーションされたPET装置で撮像を行う場合、投与量185MBqにおける標準的な撮像時間は20分間である)
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ビザミル静注の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ビザミル静注と主成分が同じ薬

  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    処方薬

    ビザミル静注

    薬価 - 円 (10MBq)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 日本メジフィジックス
主成分が同じ薬をすべて見る