ポリフル錠500mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ポリフル錠500mg
先発

ポリフル錠500mgの基本情報

ポリフル錠500mgの概要

商品名 ポリフル錠500mg
一般名 ポリカルボフィルカルシウム錠
薬価・規格 13.3円 (500mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 マイランEPD
ブランド ポリフル細粒83.3% 他
YJコード 2399011F1030
レセプト電算コード 610443032
識別コード HC237
添付文書PDFファイル

ポリフル錠500mgの主な効果と作用

  • 下痢、便秘をくり返す過敏性腸症候群の症状を改善するお薬です。
  • 腸で水分を吸収して膨らみ、腸の内容物の通過や吸収を調整する働きがあります。

ポリフル錠500mgの用途

ポリフル錠500mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、発疹、そう痒感、白血球減少、嘔気、嘔吐、口渇、腹部膨満感、下痢、便秘、腹痛

上記以外の副作用

腹鳴、AST上昇、ALT上昇、浮腫、頭痛、尿潜血陽性、尿蛋白陽性、γ-GTP上昇、ALP上昇、総ビリルビン上昇、LDH上昇

ポリフル錠500mgの用法・用量

  • 通常、成人にはポリカルボフィルカルシウムとして1日量1.5~3.0gを3回に分けて、食後に水とともに経口投与する
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 1日あたりの製剤量は次のとおりである
  • 1日投与量:3~6錠
  • 7.2. 下痢状態では1日1.5gでも効果が得られているので、下痢状態の場合には1日1.5gから投与を開始することが望ましい
  • 7.3. 症状の改善が認められない場合、長期にわたって漫然と使用しないこと(通常2週間)
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ポリフル錠500mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 潰瘍性結腸炎
    • 過敏症
    • 急性腹部疾患
    • 高カルシウム血症
    • 腎結石
    • 虫垂炎
    • 腸出血
    • 胃腸閉塞
    • 術後イレウス
    • 腎不全<軽度及び透析中を除く>
    • 低酸症
    • 透析中
    • 無酸症
    • 胃全切除術
    • 軽度腎不全

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児等(0歳〜14歳)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

ポリフル錠500mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
活性型ビタミンD製剤 高カルシウム血症
アルファカルシドール 高カルシウム血症
カルシトリオール 高カルシウム血症
カルシウム製剤 高カルシウム血症
L-アスパラギン酸カルシウム 高カルシウム血症
乳酸カルシウム 高カルシウム血症
カルシウム経口剤 本剤の作用が減弱
L-アスパラギン酸カルシウム<経口> 本剤の作用が減弱
乳酸カルシウム<経口> 本剤の作用が減弱
プロトンポンプ阻害剤 本剤の作用が減弱
オメプラゾール 本剤の作用が減弱
ランソプラゾール 本剤の作用が減弱
H2受容体拮抗剤 本剤の作用が減弱
ファモチジン 本剤の作用が減弱
ラニチジン 本剤の作用が減弱
制酸剤<PPI・H2ブロッカー以外> 本剤の作用が減弱
水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム 本剤の作用が減弱
水酸化アルミニウム 本剤の作用が減弱
強心配糖体製剤 作用を増強し不整脈
ジゴキシン 作用を増強し不整脈
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 作用を減弱
テトラサイクリン<経口> 作用を減弱
ミノサイクリン<経口> 作用を減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 作用を減弱
ノルフロキサシン<経口> 作用を減弱
塩酸シプロフロキサシン<服用> 作用を減弱
トシル酸トスフロキサシン<服用> 作用を減弱

飲食物との組み合わせ注意

  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>

ポリフル錠500mgと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 13.3円 (500mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 マイランEPD
    先発
  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 13.2円 (500mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 アステラス製薬
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る

ポリフル錠500mgに関係する解説

ポリアクリル樹脂経口薬(過敏性腸症候群治療薬)

  • ポリフル錠500mgは、ポリアクリル樹脂経口薬(過敏性腸症候群治療薬)に分類される。
  • ポリアクリル樹脂経口薬(過敏性腸症候群治療薬)とは、消化管内で水分を吸収し、消化管の内容物の動きを調節することで下痢や便秘などの症状を改善する薬。

ポリアクリル樹脂経口薬(過敏性腸症候群治療薬)の代表的な商品名

  • コロネル、ポリフル
ポリアクリル樹脂経口薬(過敏性腸症候群治療薬)についての詳しい解説を見る