てんぐ当帰芍薬散(顆粒) - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
てんぐ当帰芍薬散(顆粒)

てんぐ当帰芍薬散(顆粒)の基本情報

てんぐ当帰芍薬散(顆粒)の概要

商品名 てんぐ当帰芍薬散(顆粒)
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 二反田薬品工業
販売会社名 二反田薬品工業

てんぐ当帰芍薬散(顆粒)の効果・効能

冷え症又は冷えを伴う月経不順、月経痛、更年期障害、産前産後のめまい、頭重、肩こり、腰痛又はむくみ

てんぐ当帰芍薬散(顆粒)の構成成分

1日量3包(4.8g)中 トウキ末0.614g、センキュウ末0.614g、シャクヤク末0.818g、タクシャ末0.818g、ブクリョウ末0.818g、ビャクジュツ末0.818g

てんぐ当帰芍薬散(顆粒)の用法・用量

次の1回量を1日3回、白湯又は常水にて通常食間に服用してください。
食間とは、食後2~3時間を指します。
成人(15歳以上):1回1包。
7~14歳:1回2/3包。
7歳未満:服用しないこと。
<用法・用量についての注意>
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

てんぐ当帰芍薬散(顆粒)の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。