アクチビア軟膏

アクチビア軟膏の基本情報

アクチビア軟膏の概要

商品名 アクチビア軟膏
薬のタイプ 外用 / 第1類
製造会社 グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア
販売会社名 グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア

アクチビア軟膏の特徴

外皮用薬
日本薬局方 アシクロビル軟膏

アクチビア 軟膏は、抗ウイルス成分アシクロビルを含有する口唇ヘルペスの再発治療薬です。アシクロビルは口唇ヘルペスを起こすウイルスに直接作用し、症状を改善します。口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスの感染が原因で発症します。このウイルスは、一度感染すると症状がおさまっても体内に潜みつづけ、かぜ、発熱、ストレス、疲労、紫外線などがきっかけで再発します。
ピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたらすぐに塗布することをおすすめします。

アクチビア軟膏の効果・効能

口唇ヘルペスの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)。

アクチビア軟膏の構成成分

1g中 アシクロビル50mg

アクチビア軟膏の用法・用量

1日3~5回、適量を患部に塗布する。
(唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに塗布する)
<解説>
ピリピリ、チクチクといった感覚は、口唇ヘルペスの再発のきざしです。このような再発の初期から使用してください。
使用時期は、毎食後、就寝前などの使用が目安です。
家族で初めて発症したと思われる人が誤って使用しないよう、十分注意してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.定められた用法・用量を厳守してください。
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
4.外用のみに使用してください。
5.口に入っても害はありませんが、なるべく口に入れたり、なめたりしないでください。

アクチビア軟膏の主な副作用

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります)
(3)授乳中の人。(同じ成分の医療用の内服薬で、乳汁への移行が確認されています)
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります)
(5)湿潤やただれがひどい人。(症状がひどい場合は専門医に相談して指示を受ける必要があります)
(6)アトピー性皮膚炎の人。(重症化する可能性がありますので専門医に相談して指示を受ける必要があります)
2.使用後、次の症状が現れた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤、はれ、かゆみ、かぶれ、刺激感、疼痛、乾燥、灼熱感、落屑(フケ、アカのような皮膚のはがれ)、じんましん
(本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ、このような場合、同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化するおそれがあります)
3.5日間位使用しても症状がよくならない場合、又はひどくなる場合は使用を中止して、この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。(5日間位使用しても症状の改善がみられないときは、症状が重いか他の疾病によるものと考えられます。)

アクチビア軟膏の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。