ビビシック - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
ビビシック

ビビシックの基本情報

ビビシックの概要

商品名 ビビシック
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 興亜製薬
販売会社名 日邦薬品工業

ビビシックの効果・効能

乗物酔いによるめまい・吐きけ・頭痛の予防及び緩和。

ビビシックの構成成分

1錠中 ジフェンヒドラミンサリチル酸塩20.0mg、ジプロフィリン20.0mg、(局)リボフラビン(ビタミンB2)1.0mg <成分・分量に関連する注意> 本剤の服用により、尿が黄色くなることがありますが、これは吸収されたリボフラビンの一部が尿中に排泄されるためで心配ありません。

ビビシックの用法・用量

乗物酔いの予防には、乗車船30分前に次の1回量を服用してください。
成人(15歳以上):1回2錠。
7歳以上15歳未満:1回1錠。
4時間以上の間隔をおいて1日3回服用まで。
7歳未満:服用しないこと。
必要に応じて追加服用する場合は、1回量を4時間以上の間隔をおいて服用してください。
なお、1日の服用回数は3回までとしてください。
<用法・用量に関連する注意>
1.定められた用法、用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ビビシックの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。