ステロイド薬・抗コリン薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)を使用する主な病気(慢性閉塞性肺疾患(COPD))など | MEDLEY(メドレー)
ステロイド薬・抗コリン薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)
抗炎症作用などをあらわすステロイド薬、気管支拡張作用をあらわす抗コリン薬及びβ2刺激薬の3種類の成分を配合した製剤(吸入薬)で、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息などに用いる薬
同義語:
ステロイド・LAMA・LABA配合剤,ICS・LAMA・LABA配合剤

ステロイド薬・抗コリン薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)を使う主な病気

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

    気管支や肺胞が炎症で変化し、正常な呼吸ができなくなっている状態。喫煙が原因で起こることがほとんど
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    リハビリテーション科
    呼吸器内科