ARB・カルシウム拮抗薬・利尿薬配合剤を使用する主な病気(高血圧症)など | MEDLEY(メドレー)
ARB・カルシウム拮抗薬・利尿薬配合剤
血圧上昇などの要因となる体内物質(アンジオテンシンII)の受容体阻害作用、血管収縮に関与するカルシウムイオンの細胞内への流入を阻害する作用、体内の過度な水分を体外に排出する利尿作用により、降圧作用などをあらわす薬
同義語:
AT1受容体拮抗薬・Ca拮抗薬・利尿薬合剤

ARB・カルシウム拮抗薬・利尿薬配合剤を使う主な病気

  • 高血圧症

    血圧が140/90mmHgより高い状態が持続していること。原因は加齢、喫煙、肥満、ホルモンの異常など。高血圧症があると心筋梗塞や脳出血などの危険性が増加する。
    全身・その他
    一般内科
    循環器内科
    代謝・内分泌内科
    腎臓内科