ドパミン作動薬(非麦角系) - 解説(効能効果・副作用・薬理作用など) | MEDLEY(メドレー)
ドパミン作動薬(非麦角系)
脳内でドパミンと同じ様な作用をあらわし、パーキンソン病における手足の震えや筋肉のこわばりなどを改善する薬
同義語:
ドパミンアゴニスト

ドパミン作動薬(非麦角系)の解説

ドパミン作動薬(非麦角系)の効果と作用機序

  • 脳内でドパミンと同じ様な作用をあらわし、パーキンソン病における手足の震えや筋肉のこわばりなどを改善する薬

ドパミン作動薬(非麦角系)の薬理作用

パーキンソン病では脳内のドパミンが不足することで手足の震えや筋肉のこわばりなどがおこる。

脳内でドパミンはドパミン受容体を刺激することでパーキンソン病の症状を改善する作用などをあらわす。ドパミンと同じ様にドパミン受容体を刺激することができればパーキンソン病の症状の改善が期待できる。

本剤は脳内のドパミン受容体を刺激する作用により不足しているドパミンの作用を補うことで、パーキンソン病の症状を改善する効果をあらわす。また本剤(麦角系ドパミン作動薬)の特徴として、麦角系ドパミン作動薬と比較した場合、一般的に心血管系の副作用が少ないとされている。

本剤の中にはパーキンソン病の他、脳内のドパミンが関与して発症するとされるむずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)に使用する薬剤もある。

なお、受容体に結合し生体内物質と同様の細胞内情報伝達系を作動させる薬のことをアゴニスト(作動薬)と呼ぶことから、本剤は一般的にドパミンアゴニストやドパミン作動薬などという種類の薬に分類される。

ドパミン作動薬(非麦角系)の主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 傾眠、めまい、幻覚、妄想、興奮、不随意運動などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、便秘、食欲不振、口渇などがあらわれる場合がある
  • 突発的睡眠、傾眠
    • 頻度は稀であるが前兆のない突発性の眠気などがあらわれる場合がある
    • 服用中は自動車の運転などの危険を伴う機械の操作は控える
  • 悪性症候群
    • 頻度は稀とされる
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、ぼやっとする、話しづらい、よだれが出る、飲み込みにくい、脈が速くなる、呼吸数が増えるなどの症状がみられる場合がある
    • 上記のような症状が複数同時にみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

ドパミン作動薬(非麦角系)の一般的な商品とその特徴

ビ・シフロール

ミラペックス

  • プラミペキソールの徐放性製剤内服薬
    • 通常、1日1回服用する

レキップ

  • ロピニロールの内服薬
  • 剤形による服用方法の違いに関して
    • レキップ錠は通常、1日3回に分けて服用する
    • レキップCR錠は徐放性製剤であり通常、1日1回服用する

ハルロピテープ

  • ロピニロールの外用貼付薬(テープ剤)
    • 嚥下機能が低下した患者などへのメリットが考えられる
    • 通常、1日1回、所定の部位(胸部、腹部、側腹部、大腿部又は上腕部のいずれかの皮膚)に貼付し、24時間毎に貼り替える

ニュープロパッチ

  • ロチゴチンの外用貼付薬(パッチ剤)
    • 通常、1日1回、所定の部位(肩、上腕部、腹部、側腹部、臀部、大腿部のいずれかの皮膚)に貼付し、24時間毎に貼り替える
  • むずむず脚症候群に使用する場合もある