せっぱくりゅうざん
切迫流産
妊娠22週未満で、胎児心拍は確認できるが流産となる可能性の高い状態のこと
1人の医師がチェック 0回の改訂 最終更新: 2017.12.06

切迫流産の詳細情報

切迫流産

切迫流産とは妊娠21週6日までの期間で、子宮からの出血など流産の兆候が現れているけれども、妊娠は子宮内に継続しており正常な妊娠経過への回復が期待できる場合をいいます。

つまり症状の程度にもよりますが、お医者さんから「切迫流産です」と言われる状況では、すべての人が流産に至ってしまうわけではありません。切迫流産の症状や検査、治療、切迫流産と言われた場合の過ごし方について以下に解説します。




関連するニュース
関連するリンク
MEDLEYニュース新着記事