もーとんびょう
モートン病
足裏の指の付け根(特に第2趾〜第4趾)あたりで神経が圧迫されることで痛みが出る状態
4人の医師がチェック 39回の改訂 最終更新: 2017.12.06

モートン病の基礎知識

モートン病について

  • 足裏の指の付け根(特に人差し指から薬指)で神経が圧迫されることで痛みが出る状態
  • 足裏を走る神経を靱帯や骨が圧迫して痛みが起こる
    • 腫瘤ができて、神経を圧迫する場合もある
  • 中腰やハイヒールなどつま先側に長時間体重がかかると起こりやすい
  • 中年以降の女性に多い

モートン病の症状

  • 足裏の指の付け根の痛み
    • しびれやひりひりするような痛みが出ることもある
    • 痛みは出ず、腫瘤(こぶのような固まり)にのみ気づく場合もある
  • ハイヒールなどのつま先が狭く負担がかかるような靴を履くと痛みが強くなる
  • 痛みのある部位の周辺を叩くと痛みが放散する
  • 足の付け根全体を握ると痛みが強くなる

モートン病の検査・診断

  • レントゲン検査:骨に異常がないか確認する
  • 筋電図検査:筋肉の異常を確認する
  • 超音波検査:より詳しく足の状態を確認する

モートン病の治療法

  • きつい靴を履かないようにする
    • 体重を分散するような足底板を使うことも有効
  • 痛み止めなどの保存的治療を行う
    • 解熱鎮痛薬やステロイドを用いた神経ブロック注射を行うこともある
  • 腫瘤が大きくなっている場合は手術による摘出も検討する


モートン病のタグ

診療科
からだ
MEDLEYニュース新着記事