やくぶつせいしにくひだい
薬物性歯肉肥大
薬の副作用によって歯茎(歯肉)が腫れること
2人の医師がチェック 78回の改訂 最終更新: 2017.06.15

Beta 薬物性歯肉肥大についての医師コメント

神経内科ではフェニトイン(商品名;アレビアチン)という抗てんかん薬を長期服用している方でこの副作用がみられる方がいます。この副作用が出た場合には薬をやめなければいけませんが、抗てんかん薬は服用を中止できるものではなく別の薬剤に変える必要があり悩みの種です。若い人ほど、服用量が多い人ほど重症化しやすいと言われています。なかなか別の薬剤に変えにくい場合は、口腔内を清潔に保つことで発症を抑えられるので、軽症であれば薬を変えず歯科医と相談してもらうこともあります。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.27

MEDLEYニュース新着記事