けんしょうきょさいぼうしゅ
腱鞘巨細胞腫
手や足にある「腱鞘」と呼ばれる組織に付着するように良性腫瘍ができる病気
4人の医師がチェック 73回の改訂 最終更新: 2017.06.15

腱鞘巨細胞腫の基礎知識

腱鞘巨細胞腫について

  • 手や足にある「腱鞘」と呼ばれる組織に良性腫瘍ができる病気
    • 腱鞘に腫瘍ができることで、腱の動きが悪くなり、関節を動かしにくくなる
    • 腱にべっとりと付着していたり、腱が履かされかけているような場合は、治療をしても元通りに戻らないことがある
  • 染色体異常との関連が指摘されているが詳細は不明
  • 30代-50代の女性に多い
  • ガングリオンと間違われることが多い

腱鞘巨細胞腫の症状

  • 手指のしこり
  • 運動障害:指先を動かす際に、関節が引っかかる感じがする
  • 痛み:しこりを押すと痛みを感じる

腱鞘巨細胞腫の検査・診断

  • 触診:腫瘍の位置や硬さなどを調べる
  • 画像検査:腫瘍の大きさや位置などを調べる
    • レントゲン検査
    • CT検査
    • MRI検査

腱鞘巨細胞腫の治療法

  • 手術
    • 腫瘍摘出術:しこりを摘出する
  • 早期にしこりを取ることができれば再発しにくくなる
  • 腫瘍が靭帯や骨にくっついている場合、関節の動きをもとの状態に戻せないことがある
  • 再発率は20-30%と高い


腱鞘巨細胞腫のタグ

診療科
からだ

腱鞘巨細胞腫に関わるからだの部位


MEDLEYニュース新着記事