[医師監修・作成]自閉スペクトラム症(自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害) - 詳細情報 | MEDLEY(メドレー)
じへいすぺとらむしょう(じへいしょう、あすぺるがーしょうこうぐん、こうはんせいはったつしょうがい)
自閉スペクトラム症(自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)
社会性やコミュニケーションに関連する脳の働きに、発達段階で障害がでること
19人の医師がチェック 257回の改訂 最終更新: 2022.04.08

自閉スペクトラム症(自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)の詳細情報

自閉スペクトラム症(自閉症、アスペルガー症候群)

自閉スペクトラム症の人には「社会的なコミュニケーションが苦手」、「こだわりが強く変化が苦手」、「興味の範囲が極端に狭い」、「行動に単調な繰り返しがある」などの特徴があります。知能や言葉の障害を併せ持つこともありますがないこともあります。近年では自閉症やアスペルガー症候群を明確に区別せず、自閉スペクトラム症と呼ぶことが多いです。