れっくりんぐはうぜんびょう(しんけいせんいしゅしょういちがた)
レックリングハウゼン病(神経線維腫症1型)
遺伝性のある病気で、皮膚の至る所に良性腫瘍が多発するとともに、場合によっては脳や視神経、副腎などにも腫瘍ができる病気。
13人の医師がチェック 121回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta レックリングハウゼン病(神経線維腫症1型)についての医師コメント

あなたがこの病気であれば、あなたの子供がこの病気を発症する確率は50%です。どのような症状を呈するかは、あなたとは全く異なることがありえ、あなたよりも軽症かも知れませんし重症かもしれません。できれば妊娠前に遺伝カウンセリングを受けることが望ましいでしょう。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.12

MEDLEYニュース新着記事