かいようせいだいちょうえん
潰瘍性大腸炎
免疫の異常により大腸の粘膜に炎症が起こり下痢や血便を起こす原因不明の病気。10代から30代で発病し長年続くことが多く、大腸がんなどの原因となることがある
9人の医師がチェック 146回の改訂 最終更新: 2018.02.09

Beta 潰瘍性大腸炎についての医師コメント

手術は施設によって方針が変わってくることも多いです。手術を受けることが必要な患者さんは、複数の施設で話を聞くのがよいでしょう。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.19