2019.05.03 | コラム

イライラ、疲労、無気力感ー男性にも更年期障害が訪れる?

男性更年期障害のセルフチェックができます
イライラ、疲労、無気力感ー男性にも更年期障害が訪れる?の写真
(c)gustavofrazao-iStock.com

「ちょっとしたことでイライラしてしまう」
「やたら汗をかく」
「気分の落ち込みがひどくやる気が起きない」

中高年男性の中には、このような悩みを抱えている人が少なくありません。これらの心身の不調はひょっとしたら「男性更年期障害」によるものかもしれません。更年期障害といえば女性だけの問題と思われがちですが、男性も女性と同じく、ホルモンの量が少なくなることで起こると考えられています。

◆ 女性だけではなく男性にも更年期障害がある?

更年期は女性のライフステージの1つを表す言葉として使われ、具体的には「閉経(卵巣の機能が停止して生理が完全に止まること)前後の10年間」を指します。一般的には45歳から55歳頃にあたります。更年期を迎えると、卵巣機能の低下によって女性ホルモンが減少し、その影響で「イライラする」「顔や上半身がほてる」「疲れやすい」といった症状が現れます(女性の更年期障害については「こちらのページ」を参考にしてください)。

女性の更年期障害と同様に、男性にもテストステロン男性ホルモンの1つ)の減少によって、心身の不調が起こることが近年明らかになってきました。テストステロンの分泌量は20歳代から30歳代をピークとして、加齢とともにだんだん減っていきます。テストステロンの減少によって起こる身体の不調は、女性の更年期障害と原因や症状が似ていることから男性更年期障害加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)〕と呼ばれています。

 

◆ 男性更年期障害ではどんな症状が現れるのか?

男性更年期障害でみられる症状は、精神面に現れるものと、身体面に現れるものの2つに大別できます。主な精神症状は「不安」「イライラ」「気持ちの落ち込み」「集中力・記憶力の低下」「性欲の減退」といったものです。一方、身体症状としては「筋力の低下」「疲れやすさ」「ほてり・発汗」といったものがあります。(さらに詳しい症状は「こちらのページ」を参考にしてください)。どちらとも誰もが一度は経験するような症状が含まれています。

 

◆ 男性更年期障害のセルフチェックについて

男性更年期障害の症状はありふれたものが少なくないため、一時的なものかなと考えてそのままにしている人は珍しくありません。また、いい歳だからあれこれ不調が出るのはしょうがない、とやり過ごしてしまいがちな症状でもあります。

そこで、受診の目安になるものとして、医療機関で用いられている「AMSスコア」と呼ばれる質問表を紹介します。次の17の質問に対して、自分の状況を以下の表の5段階に当てはめて、質問に対して点数をつけてみてください。

 

【AMS(Aging males’ symptoms)スコア】

  • 総合的に調子が思わしくない(健康状態、本人自身の感じ方)
  • 関節や筋肉の痛み(腰痛、関節痛、手足の痛み、背中の痛み)
  • ひどい発汗(思いがけず突然汗が出る、緊張と運動度は関係なくほてる) 
  • 睡眠の悩み(寝付きが悪い、ぐっすり眠れない、寝起きが早く疲れがとれない、浅い睡眠、眠れない)
  • よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
  • いらいらする(当たり散らす、些細なことに直ぐに腹を立てる) 
  • 神経質になった(緊張しやすい、精神的に落ち着かない、じっとしていられない)
  • 不安感(パニック状態になる)
  • からだの疲労や行動力の減退(全般的な行動力の低下、活動の減少、余暇活動に興味がない、達成感がない、自分をせかさないと何もしない)
  • 能力の低下
  • な気分(落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がわかない、気分のむら、無用感) 
  • 「人生の山はすぎた」と感じる
  • 力尽きた、どん底にいると感じる
  • ひげの伸びが遅くなった
  • 性的能力の衰え
  • 早朝勃起の回数の減少
  • 性欲の低下

 

【症状とスコアの対応】

症状 スコア
なし 1点
軽い 2点
中等度 3点
重い 4点
非常に重い 5点

 

合計点が27点以上の人は男性更年期障害の可能性があるので、医療機関で相談してみてください。なお、専門的な診療を受けられる医療機関は「こちらのページ」で調べることができます。

一方、スコアが26点以下であった人は男性更年期障害の可能性は低いと考えてよいですが、心配な症状がある人には受診をお勧めします。なぜなら、男性更年期障害でみられる症状は別の病気によって現れることもあるからです。例えば、「憂鬱な気分(質問11)」はうつ病パーキンソン病といった病気でもみられますし、「性的能力の衰え(質問15)」はED糖尿病でもみられます。

 

◆思い当たる節がある人は医療機関で相談を

今回は男性の更年期障害について説明しました。セルフチェックで紹介したような症状は、原因が男性更年期障害であればテストステロンの補充を中心とした治療によって改善が期待できます。このコラムを読んで思い当たる節がある人は医療機関で相談してみてください。

 

執筆者

斎木 寛

参考文献

・「標準泌尿器科学」、(赤座英之/監)、医学書院、2014

・UpToDate Approach to older men with low testosterone, Author:Peter J Snyder, MD

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。